以前の記事でバンザイ寝というものを

紹介しました。

寝ている間に両腕を上げてバンザイをした状態で

寝ることですね。

で、それを継続すると体にいろいろと悪影響が出るってお話を

しましたね。

読んでいない方はこちらの記事をどうぞ
↓↓↓↓

今回は、そのバンザイ寝の治し方や解消法について

お話ししたいと思います。

スポンサードリンク




どんな人がバンザイ寝をしやすいのか?

  • 仕事はパソコンなどデスクワークが中心
  • 猫背な人
  • 肥満傾向
  • 慢性の鼻炎などにより鼻が詰まっている
  • 精神的ストレスが多い

これらに当てはまる方は要注意です!

特に、猫背やデスクワークの人は、

肩や背中の筋肉が硬くなっていることが多いので

バンザイ寝をしている可能性が高いです。

 

肥満や鼻詰まりがあると

気道が狭くなり呼吸がしづらい状態なので

それを補おうとバンザイ寝になりやすいですね。

 

ストレスを抱える人は肩も凝るし呼吸も浅くなる傾向があるので

やはりバンザイ寝になりやすいようです。

治し方や改善法はあるの?

背中や首のストレッチ

1日中、パソコン作業をしたり

ずっとスマホをいじったりしていると背中や肩が凝ってしまします。

仕事中は、できれば1時間ごとに肩甲骨を伸ばしたり肩を回すような

ストレッチをするといいですね。

寝具を変えてみる

バンザイ寝の原因の一つに

寝具が柔らかすぎるっていうのがあります。

寝返りがしづらいと結果的にバンザイ寝になることがあるので

適度な硬さのものに変更するのもいいでしょう。

あと、枕の高さも重要になります。

高すぎても低すぎても寝返りがしづらくなり

首にも負担が掛かります。

こちらも適度な高さや硬さのものを選びましょう。

定期的に運動をする

週に2~3回は、ウォーキングやジョギングをして軽い運動をすると

いいそうです。

水泳なども肩を回す運動が多いので肩こりにいいです。

ゆっくり入浴

ぬるめのお湯にゆっくりとつかることで。筋肉の凝りを緩めてくれます。

また、気分的にもリラックスできるのでおススメです。

深い呼吸をする

呼吸が浅くなることもバンザイ寝の原因なので

深く呼吸をし、横隔膜の動きをよくすることが重要です。

その点を考えるとヨガがすごくいいですね~。

ストレッチにもなりますからね。

マッサージや整体を受ける

肩こりなどの症状がひどいようであれば、

やはりマッサージ師や整体師などの専門家に一度診てもらい

施術を受けながら相談するといいと思います。

いろいろなアドバイスを受けられると思いますよ。

まとめ

寝ているときのことなので

なかなか自分で意識して治すってことは難しいですが、

とにかくリラックスできるような環境が

大切かもしれませんね。

小まめにストレッチをしたり

マッサージをしてみたり

深呼吸をしたりと、これを機に

日常の生活を見直してみるといいかもしれません。

 

私も機会があれば、ヨガあたりはやってみたいですね!

スポンサードリンク

 

【ネットで副業】自宅で稼いでみませんか?

・子供の教育費
・マイホームのローン
・月々の生活費

「私たち一家の将来って大丈夫なの?」

って不安に思いますよね。

実はネットで副業って可能なんですよ。
うまくやればパートに出るよりももっと稼げちゃいます(*^^*)

でも問題はそういうネットビジネスの教材ってすごく高いんです。
2万、3万円は当たり前です。

そんなあなたにプレゼントです。

kenさんが以前9万9000円で販売していた教材を
無料であなたに差し上げます(*^^*)

しかも、無料でサポートまでしてくれます。

「信じられない!?」と思うでしょうが本当なんですよ。

こちらからメルアドを登録して
教材を受け取ってくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓