あなたは「シンスプリント」って言葉を聞いたことがありますか?

スポーツをやっている人なら知っているかもしれませんね。

簡単に言うと、すねの内側の骨膜の炎症によっておこる痛みです。

疲労骨折の前段階に起きることが多いようです。

 

あなたが運動を定期的にしている方で足に痛みがあれば

もしかすると、シンスプリントかもしれませんよ(゚д゚)!

 

今回は、そのシンスプリントとはどのようなものなのか?

症状や原因、そして予防法や対処法などにつていも動画などを交えて分かりやすく解説したいと思います!

スポンサードリンク




シンスプリントの症状とは?

シンスプリントとは

「過労性脛部痛」「脛骨過労性骨膜炎」とも呼ばれています。

 

陸上競技をはじめ、バスケットボール、

バレーボール、エアロビ、サッカーなどの選手に多く見られます。

 

つまりは、走ったりジャンプを繰り返すスポーツをしている方に多くみられます。

 

運動によって、ふくらはぎの筋肉がくっついているスネの内側の部分が引っ張られ、負荷がかかり痛みや炎症が起こります。

 

これが、シンスプリントです。

多くの場合、片方の足から症状が出現しますが、それをかばうように運動することで、もう一方の足にも負担が大きくなり結局両足に起きることが多いそうですよ。

シンスプリントの原因は?

運動のオーバーワークが主な原因ですが、それ以外では

足のゆがみ
(回内足(かいないそく)と言われるアキレス腱のラインよりかかとが外側に捻じれている状態)

 

偏平足 
(地面に足をついた時の衝撃の吸収が悪いので…)

 

クッション性の悪いシューズの使用

アスファルトなどの硬い地面や床での運動

 

などなど…

 

予防法や対処法はあるの?

  1. 運動を休む、または減らす。
    (これが大原則です。)
  2. 偏平足には青竹ふみなどで足の裏をほぐす
  3. アスファルトを走らない
  4. シューズのソールのクッション性を見直す
  5. 患部のアイシング
  6. ストレッチ

 

7.自重トレーニング

筋力が不足しているとランニングフォームが崩れ前記した足のゆがみにつながることがあります。

 

その場合は、以下の動画のような自宅でも簡単にできるトレーニングが予防策となります。

 

   フォワードランジ

 

 

  ニーベントウォーク

このあたりが、予防策や対処法になります。

 

しかし、症状を感じたら、早めに医療機関を受診してください。

まとめ

今回はシンスプリントについてご紹介しました。

 

この、シンスプリントと初期の疲労骨折は判別するのがむずかしいらしいです。

 

もしかすると、知らないうちに既に疲労骨折になっていた!なんてことも、ないとは言えません。

 

とにかく、最初は軽い鈍痛からはじまるようですが、痛みを繰り返すようなことがあれば、まずは運動をやめて専門家に相談することをおすすめします。

 

スポンサードリンク

 

【ネットで副業】自宅で稼いでみませんか?

・子供の教育費
・マイホームのローン
・月々の生活費

「私たち一家の将来って大丈夫なの?」

って不安に思いますよね。

実はネットで副業って可能なんですよ。
うまくやればパートに出るよりももっと稼げちゃいます(*^^*)

でも問題はそういうネットビジネスの教材ってすごく高いんです。
2万、3万円は当たり前です。

そんなあなたにプレゼントです。

kenさんが以前9万9000円で販売していた教材を
無料であなたに差し上げます(*^^*)

しかも、無料でサポートまでしてくれます。

「信じられない!?」と思うでしょうが本当なんですよ。

こちらからメルアドを登録して
教材を受け取ってくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓