あなたはよくイヤホンを使用しますか?

 

「はい。」と答えた方、

耳がかゆかったり痛かったりすることはないですか?

 

もし自覚があれば、それは耳カビが原因かもしれませんよ(゚д゚)!

 

正式名は「外耳道真菌症」って言う病気です!

 

私も動画サイトなんかを見るときに、よくイヤホンを使うので、ちょっと心配です。

 

この病気、耳かきを頻繁にする人にも多いそうです。

 

今回はこの外耳道真菌症の映像やその症状、治療法などについてお話ししたいと思います!

 

スポンサードリンク




外耳道真菌症とは?

耳の穴の通路を外耳道といいます。

もともと耳の中は湿気がこもりやすいので、そこにカビが生えるのが「外耳道真菌症」です。

 

真菌とはカビのことです!

 

「カンジダ菌」「アスペルギルス菌」といったものが有名です。

 

体が弱っているとき、つまり免疫機能が低下しているときに起こりやすくなります。

 

こちらが実際の外耳道真菌症の動画です。

ちょっと怖いですね…

 

症状としては

  • かゆみ
  • 痛み
  • 音が聞こえにくい(耳がつまった感じ)
  • 耳だれ
  • 耳あかが黒い、または糸状のものがついている(菌糸)
  • 外耳道が腫れる

といったところが一般的です。

外耳道真菌症の原因は?

頻繁に耳かきをする

耳掃除で外耳道が傷ついてしまいカビが繁殖しやすくなる。

イヤホンを使用している

耳の中の湿気を高くしてしまう。

水泳や水遊び、入浴などで耳に水が入る

これも、耳の中の湿度が高くなるので要注意!

 

このあたりが主な原因になります。

外耳道真菌症の治療法は?

まず、症状があれば専門医に診てもらいましょう。

治療としては、耳の中の掃除や消毒

抗真菌剤という薬を耳に塗るといったことを行います。

あわせて、かゆみを抑える薬なども処方されます。

これをカビがなくなるまで通院して治療を繰り返します。

症状にもよりますが、数か月かかることが多いようです。

その間は、自身での耳掃除やイヤホンの使用は、たいてい医師に禁止されます。

 

耳かきや綿棒を捨てるよう医師に言われることもあるようですよ。

(そもそも最近の医療の世界では耳かきは不要であり逆にリスクが高いと警告が出されているようですからね。)

予防法はあるの?

耳かきは原則しない。これにつきますね。

耳には自浄作用があるので、自然に耳あかが排出されるようになっています。

とはいえ、今までの習慣でどうしてもという場合は、月に1~2度程度にして耳の穴の入り口付近を軽くふき取る程度にしましょう。

そもそも耳の穴の入り口から1㎝以上奥には耳あかは存在しないそうです。

無意味なことをして、皮膚を傷つけるのはやめましょうね。


あとは、イヤホンをできるだけ使わない。または、長時間の使用は避ける方がよさそうですね。

まとめ

今回は外耳道真菌症についてまとめてみました。

この病気は治療が長くなるので、忙しい人にとっては通院がかなり負担になるようですね。

何かをするというよりは、耳掃除をしないということが一番の予防法なのでガマンして慣れるしかないですね。

ちなみに爪で耳の中をかくのもダメですよ!

スポンサードリンク

 

【ネットで副業】自宅で稼いでみませんか?

・子供の教育費
・マイホームのローン
・月々の生活費

「私たち一家の将来って大丈夫なの?」

って不安に思いますよね。

実はネットで副業って可能なんですよ。
うまくやればパートに出るよりももっと稼げちゃいます(*^^*)

でも問題はそういうネットビジネスの教材ってすごく高いんです。
2万、3万円は当たり前です。

そんなあなたにプレゼントです。

kenさんが以前9万9000円で販売していた教材を
無料であなたに差し上げます(*^^*)

しかも、無料でサポートまでしてくれます。

「信じられない!?」と思うでしょうが本当なんですよ。

こちらからメルアドを登録して
教材を受け取ってくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓