早いもので、冬から春へと季節の変わり目になりましたね~。

日中は少し暖かくなりましたが、まだまだ朝晩の冷え込みはキツイですよね!

 

で、この季節に要注意なのが寒暖差アレルギー!

あなたはご存知でしょうか?

 

ただ、寒暖差アレルギーの症状って風邪や花粉症に似ているので見逃されることも多いんですよね。

 

今回は、寒暖差アレルギーの特徴的な症状や治療法、対処法についてお話ししようと思います!

スポンサードリンク




寒暖差アレルギーとは?

そもそも寒暖差アレルギーとは、その名の通り寒暖差によって起きるアレルギーに似た症状のことです。

温度差が7度以上になると出現すると言われています。

アレルギーと名前につきますが、

厳密にはアレルギーではありません( ;∀;)

ちなみに専門的には「血管運動性鼻炎」と呼ばれます。

免疫力の低下や自律神経の乱れにより気温の変化にうまく体が反応できず、

季節の変わり目に起こりやすい症状です。

 

現代は屋内の暖房設備がしっかりしているため、屋外との温度差が激しいのが大きくかかわっているようです。

 

いわゆる現代病のひとつになりますね!

寒暖差アレルギーでは、どんな症状がでるの?

症状としては


くしゃみ
鼻水
鼻づまり
のどの痛み

など、いわゆる風邪や花粉症に似た症状がでます。

 

なかには不眠になったりイライラしたり気分が落ち込んだりといった精神的な症状がでることもあります。

風邪や花粉症との見分け方は?

症状は風邪、花粉症と似ていますが

それらとは違った特徴的な症状があります。

1.基本的に熱が出ない

2.鼻水が透明で水っぽい
 (風邪や花粉症の場合粘り気があり黄色くなったりします)

3.朝晩に症状が強い

4.目の充血はない(花粉症では目が充血)

このあたりですね。

寒暖差アレルギーの治療法はあるの?

受診する診療科は耳鼻咽喉科がいいと思います。

アレルギー科でも問題ないと思いますが、先ほども話したように厳密にはアレルギーではないです。

(結局、アレルギー性鼻炎だったってこともあるので、どちらを受診してもオッケーです。)

 

でも根本的に寒暖差アレルギーを治すお薬はないようです。

それぞれの症状を和らげるお薬を出してもらうのが基本になりますね。

 

もし、自律神経の乱れや不眠、精神症状が強いようであれば内科や心療内科の受診も必要になるかもしれません。

対処法や予防法はあるの?

寒暖差アレルギーは自律神経の乱れや免疫力の低下により起こりますので以下のような体調管理が重要になります。

とにかく体を冷やさない。

・衣服や手袋、マフラー、履物などにより温度を調節する。

・マスクをして冷たい空気を温めて呼吸する。

・シャワーだけでなく湯船につかる。

体力をつける

適度な運動により免疫力を高めたりストレスを解消したりできます。

・軽めの筋トレをする。(腹筋や腕立て伏せなど、継続できるものを…)

・ウォーキングをする。

規則正しい生活をする。

・暴飲暴食をしない。

・十分な睡眠をとる。

 

以上のあたりが対処法になりますね!

まとめ

今回は寒暖差アレルギーについてお話ししました。

予防することが一番大事なので、ご紹介した方法をぜひ心がけてみてくださいね。

それではお互い気をつけましょう!

スポンサードリンク

 

【ネットで副業】自宅で稼いでみませんか?

・子供の教育費
・マイホームのローン
・月々の生活費

「私たち一家の将来って大丈夫なの?」

って不安に思いますよね。

実はネットで副業って可能なんですよ。
うまくやればパートに出るよりももっと稼げちゃいます(*^^*)

でも問題はそういうネットビジネスの教材ってすごく高いんです。
2万、3万円は当たり前です。

そんなあなたにプレゼントです。

kenさんが以前9万9000円で販売していた教材を
無料であなたに差し上げます(*^^*)

しかも、無料でサポートまでしてくれます。

「信じられない!?」と思うでしょうが本当なんですよ。

こちらからメルアドを登録して
教材を受け取ってくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓