あなたは、背中やお腹に小さな赤いブツブツができていませんか?

 

それってもしかするとジベル薔薇色粃糠疹かもしれません。

 

ん、なにそれ???

 

これは、「ジベルばらいろひこうしん」って読みます。

 

なんだか、すごい名前ですね。

 

これ、名前だけじゃなく派手に発疹が出るので、すごく悪い病気じゃないのか?って思われますが、良性の疾患なんです。

 

今回は、このジベル薔薇色粃糠疹とはどんな病気か?

 

その原因や治療法などについて解説したいと思います。。

スポンサードリンク




ジベル薔薇色粃糠疹とは?

10代~30代の比較的若い人に生じることが多い皮膚の病気です。

 

主に背中やお腹あたりに小さな赤いブツブツがたくさんできます。

 

出典:http://www.mirai.ne.jp/~seisinc5/giberu.htm

 

 

ちなみに、この長い病名の由来ですが、

 

ジベルは発見した医師の名前。

 

粃糠疹(ひこうしん)とは、皮膚の角質が増えて米糠(こめぬか)のように剥がれ落ちる発疹のことです。

 

つまり”フケが付いたようなバラ色の発疹が、たくさんできるのが特徴の皮膚病”です。

 

そして、かゆみも伴います。

 

また、人によっては風邪のような、せき鼻水微熱などが出ることもあります。

 

 

先ほども話したように皮膚の症状がとにかく派手なので

 

「何かヤバい病気かも?」

 

な~んて、心配される方も多いのですがジベル薔薇色粃糠疹は決して怖い病気ではありません。

 

放っておいても自然に治ることが多いです。

ジベル薔薇色粃糠疹の原因は?

結論から言うと、原因は、はっきりしていません。

 

ただ、以下のようなものが原因ではないかと指摘されています。

 

ヒトヘルペスウイルスの6型などのウイルスによる感染
(人から人にうつることはありません)

 

ストレス

 

免疫の低下

 

アレルギー

 

などなど…

ジベル薔薇色粃糠疹の治療法は?

「無治療でも自然に治る」といいましたが、たいていの人はたくさんのブツブツにびっくりして皮膚科を受診するようです。

 

通常、特別な検査はせず塗り薬で経過を見ていくことになります。

 

塗り薬としては、

 

炎症に対してステロイド薬やかゆみ止めとして抗ヒスタミン剤などが処方されます。

 

で、ほとんどの人は1~3か月で跡形もなく治癒します。

まとめ

今回はジベル薔薇色粃糠疹についてお話ししました。

 

とくに、それほど怖がる病気ではないので、もし症状が現れてもあわてる必要はないですね。

 

ただ、素人では、この病気と判断するのは難しいですよね。

 

結局は、なにかしら症状が現れたら、すぐに皮膚科を受診するのがベストです!

 

塗り薬でかゆみも和らげられますからね。

 

あと、このジベル薔薇色粃糠疹はストレスが原因の一つと示唆されているので、できるだけ休息できる環境も大切ですね(*^^)v

スポンサードリンク

 

【ネットで副業】自宅で稼いでみませんか?

・子供の教育費
・マイホームのローン
・月々の生活費

「私たち一家の将来って大丈夫なの?」

って不安に思いますよね。

実はネットで副業って可能なんですよ。
うまくやればパートに出るよりももっと稼げちゃいます(*^^*)

でも問題はそういうネットビジネスの教材ってすごく高いんです。
2万、3万円は当たり前です。

そんなあなたにプレゼントです。

kenさんが以前9万9000円で販売していた教材を
無料であなたに差し上げます(*^^*)

しかも、無料でサポートまでしてくれます。

「信じられない!?」と思うでしょうが本当なんですよ。

こちらからメルアドを登録して
教材を受け取ってくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓